チャンピックスで禁煙を目指そうとする男性の手

「今回ばかりは絶対成功させるぞ!!」そう呟いたのは5回目の禁煙に挑む一人の男。何度やっても禁煙に失敗してきたこの男。しかし今回は成功しそうだ。何故なら彼の手にはそう、あの、「チャンピックス」が握られているから。

煙草の銘柄と血圧の変化、チャンピックスの作用

煙草を吸う事で身体の中では様々な悪影響を及ぼすことになります。
この影響は肺ガンや脳梗塞、心筋梗塞などの症状に発展するリスクが在りますが、喫煙をすることで副腎を刺激し血圧を上昇させる作用を持ち、交感神経も興奮状態となるため血圧の上昇に繋がります。

また、動脈硬化により狭心症や心筋梗塞と言ったリスクを招いてしまうなど、煙草による悪影響は計り知れません。

因みに、煙草を吸う人の中にはお酒も好きと言う人は多くいますが、アルコールと言うのは飲んだ後に一時的に血圧を下げる作用が在ります。
但し、少量のアルコールを飲んだ場合の話であり、深酒や習慣的な大量飲酒と言うのは血圧を逆に上昇させてしまうので注意が必要です。

血圧が高くなることで様々な悪影響が生じるため、これを解決するための方法は禁煙が必要だと言う事です。

煙草には色々な銘柄が在りますが、銘柄に応じてニコチンやタール量は異なります。
そのため、現在よりもタール量やニコチン量が少ない煙草を吸えば禁煙が徐々に出来るのではないかと考える人もいますが、銘柄を変えたとしてもニコチン依存そのものが残っているので、禁煙をするためには煙草を吸わないと言う事が必要になるのです。

チャンピックスには禁煙時に生じてしまう離脱症状を抑える作用、煙草を吸った時と同じように快感物質のドーパミンを分泌させる作用、そして煙草を吸うとニコチン成分はニコチン受容体と結びつく作用が在りますが、煙草を吸ってしまってもニコチン受容体に結びつかないので、ニコチン依存を下げる作用などが在ります。

因みに、チャンピックスを使用して禁煙をする場合には禁煙外来を利用する事で、保険治療で禁煙を行う事が出来るようになっています。