チャンピックスで禁煙を目指そうとする男性の手

「今回ばかりは絶対成功させるぞ!!」そう呟いたのは5回目の禁煙に挑む一人の男。何度やっても禁煙に失敗してきたこの男。しかし今回は成功しそうだ。何故なら彼の手にはそう、あの、「チャンピックス」が握られているから。

歯周病発症の原因?禁煙したい時はチャンピックス

喫煙を続けると、口腔内に病原菌が繁殖し、毛細血管の循環が悪くなるため、免疫力が低下するため、歯周病などの歯の病気を発症しやすくなり、そのままにしていると歯が抜け落ちてしまいます。
タバコを吸うと、タールやニコチン、一酸化炭素などの有害物質が、歯の周りや肺の中に沈着し、さまざまな悪影響を与えるので、喫煙者が10年間で失う歯の数は、非喫煙者の約3倍というデータもあるほどです。
さらにニコチンの影響で、毛細血管が収縮して貧血状態になるので、口内の血の巡りも悪くなり、一酸化炭素のために血液中に十分な酸素が運ばれなくなるため、歯科治療後の回復が遅くなります。
まだ若い年齢であるにもかかわらず、入れ歯で生活するのは嫌でしょうから、タバコを吸っているなら、早めにやめるようにしてください。
喫煙は肺や心臓などの臓器にも悪影響を与え、肺がんや心筋梗塞、不整脈などを発症することもあるので、健康で長生きしたいなら、お近くの禁煙外来に相談し、治療を受けるようにしましょう。
禁煙外来に相談すると、大抵のお医者さんはチャンピックスによる禁煙治療を勧めてくれます。
チャンピックスというのは、ファイザー製薬が製造販売している禁煙補助薬のことで、12週間服用を続けることで、タバコを吸わなくても平気な状態に導く効果があります。
禁煙できない人は、意志が弱いというよりも、ニコチン中毒による離脱症状に耐え切れないので、タバコをやめられないのですが、チャンピックスを服用すれば、イライラなどの辛い症状を抑えることが出来ます。
耐え切れずにタバコを吸ってしまっても、あまりおいしく感じさせない効果もあるので、大切な歯を失いたくないなら、チャンピックスを利用しましょう。