チャンピックスで禁煙を目指そうとする男性の手

「今回ばかりは絶対成功させるぞ!!」そう呟いたのは5回目の禁煙に挑む一人の男。何度やっても禁煙に失敗してきたこの男。しかし今回は成功しそうだ。何故なら彼の手にはそう、あの、「チャンピックス」が握られているから。

喫煙する事で起きる血管の変化と匂いとチャンピックス

煙草を吸うと煙は肺の中に入り、血管を収縮させる作用や血圧を上昇させる作用が生じる事になります。
但し、この作用は煙草を吸い終えてから20分程経過すると、回復機能が働いて血管は元の状態に戻り、血圧も正常な状態に戻ることになります。

しかしながら、煙草を長年吸い続けることで血管の収縮と戻りと言った作用が繰り返し行われるなど、健康な状態とは言い難いものとなりますし、煙草は肺ガンを初めとして脳梗塞や心筋梗塞と言った危険性を高める要因になる事からも禁煙を考える人も少なく在りません。

また、室内で煙草を吸う事で煙が充満してしまい、煙に含まれているタールやニコチン成分が壁や家具などに付着させてしまうと言った原因にも繋がります。
特に、煙草の匂いと言うのは喫煙をしない人にとって不快なものであり、家族などから煙草を室内で吸わないで欲しいと言われている人も多いのではないでしょうか。

更に、タール成分は壁に付着すると埃などと混ざり合わさり、粘着性の汚れとなってこびり付き、壁が茶色に変色する要因にもなります。
因みに、茶色くなった部分を指先で擦ると、指先にはタールの汚れが付着するなど、身体の中でも同じような現象が起きていると考えると煙草は良くないと感じ、禁煙を実施する人も少なく在りません。

チャンピックスは禁煙補助剤と呼ばれている医薬品で、12週間の服用を続けることで禁煙の成功を高めてくれる効果を持ちます。
今までは、口さみしい時に飴やガムなどを口にして煙草を我慢していても、長続きがしなかった場合など、チャンピックスを服用する事でニコチン依存症を治療すると同時に、煙草を美味しくないと感じさせる作用や離脱症状を抑えて禁煙が出来るなどの特徴がります。