チャンピックスで禁煙を目指そうとする男性の手

「今回ばかりは絶対成功させるぞ!!」そう呟いたのは5回目の禁煙に挑む一人の男。何度やっても禁煙に失敗してきたこの男。しかし今回は成功しそうだ。何故なら彼の手にはそう、あの、「チャンピックス」が握られているから。

チャンピックスの国内シェアの実態

国内の病院施設の中には禁煙外来と呼ばれている禁煙治療を受ける事が出来る診療科が在ります。
内科などの診療科と比べると、禁煙外来の設置数は少ないものの、病院を選べば禁煙治療を専門医の指導の下で受ける事が出来るため、一人では禁煙が出来ない人などからの注目を集めています。
また、禁煙外来はテレビコマーシャルなどでも宣伝が行われているなど、一人で禁煙が難しいと感じている人など、禁煙外来に行けば禁煙が出来ると言った事を通達しています。
尚、禁煙外来ではチャンピックスが処方されて禁煙治療を受けられるようになっており、12週間の服用を続けることで禁煙の達成率が向上すると言われています。
また、チャンピックスは通販のお店でも入手が可能になっており、正規品を販売するお店を利用する事で、自分で購入をして治療を行う事も出来るなどのメリットも在ります。
尚、チャンピックスの国内シェア率と言うのは、他の禁煙補助剤と比較すると高いと言われていますが、これは禁煙外来の中でのシェア率であり、通販サイトを含めた場合には必ずしも高いとは言えません。
その理由は、禁煙補助剤にはガムタイプのものもあれば、身体に貼り付けて治療を行うタイプも在り、これらは病院で処方を受ける方法も在れば、身近なドラッグストアで購入する方法も在りますし、チャンピックスと同じように通販サイトを利用して購入する事も出来るなどの理由からも、シェア率がどの程度あるのかが見えて来ないからです。
しかしながら、禁煙外来で処方を受ける禁煙補助剤と言うのはチャンピックスを中心としたもので、病院で治療を受ける人の多くはチャンピックスを服用して禁煙をすると言ったケースが多く在るのが特徴です。